お知らせ INFORMATION

2017/11/26(日) 第2回シンポジウム「2025年度 高校教科「情報」入試を考える −思考力・判断力・表現力の教育/評価方法とCBT化−」

2025年度大学入試より取り入れられる「情報科」の入試問題に関して議論します。 現在実施されている大学入試では主に「知識・技能」が評価されていると言われています。一方、高大接続改革の検討の結果、「思考力・判断力・表現力」を評価する入試問題を出題することが求められています。
この委託事業では、次期新学習指導要領で内容が大幅に改定される「情報科」に関して、 思考力、判断力、表現力を評価する試験問題およびコンピュータを用いた試験(CBT)を研究・開発しています。
本シンポジウムでは、本委託事業で考えている思考力、判断力、表現力を評価する試験問題の作問方法などを説明し、高校での思考力、判断力、表現力の育て方および評価方法との整合性などに関して意見交換します。

日時:2017年11月26日(日)13:00~17:30(予定)
場所:大阪学院大学 2号館B1-02教室
主催:文部科学省大学入学者選抜改革推進委託事業「情報学的アプローチによる「情報科」大学入学者選抜における評価手法の研究開発」(大阪大学、東京大学、情報処理学会)
参加対象:情報教育に関わる大学教員、高校教員、予備校関係者、研究者、学生、出版社等
参加料:無料(以下から事前申込をお願いします、先着250名)
■参加登録はここをクリックしてください。

リーフレット:クリックでPDFが開きます。

プログラム(敬称略)
総合司会:井上克郎(大阪大学 教授)
1. 主催者挨拶 - 尾上孝雄(大阪大学 大学院情報科学研究科長)
2. 開催校挨拶 - 菊野 亨(大阪学院大学 コンピュータサイエンス研究科長)
3. 事業概説 - 萩原兼一(大阪大学 特任教授)
4. 模擬試験を実施するCBTシステムについて - 植原啓介(慶應義塾大学 准教授)
5. 模擬試験結果の分析について - 角谷良彦(東京大学 特任講師)
6. 参照基準について - 萩谷昌己(東京大学 教授)
7. 評価のためのルーブリックと作題例について - 松永賢次(専修大学 教授)
8. 高校での「情報科」における思考力・判断力・表現力の教育方法/評価方法の紹介2件 - 白井美弥子(兵庫県立西宮今津高等学校 教諭)、成瀬浩健(京都女子中学校・高等学校 教諭)
9. パネル討論 「思考力・判断力・表現力の教育方法/評価方法」(仮題) - コーディネーター:萩原兼一(大阪大学・特任教授)/4~8 の講演者
10. 閉会の挨拶 - 東野輝夫(情報処理学会 副会長/大阪大学 教授)

後援
大阪府教育委員会
兵庫県教育委員会
京都府教育委員会
滋賀県教育委員会
奈良県教育委員会
和歌山県教育委員会
大阪市教育委員会
神戸市教育委員会
京都市教育委員会
全国高等学校情報教育研究会
大阪府高等学校情報教育研究会
大阪私学教育情報化研究会
京都府私立中学高等学校・情報科研究会
理工系情報学科・専攻協議会
私立大学情報教育協会

問合先
大阪大学 大学院情報科学研究科(影山)
大阪府吹田市山田丘1-5
TEL:06-6105-5904
E-mail: k-naoko(IST) ※(IST)は@ist.osaka-u.ac.jpに置き換えてください

 

Contact

TEL:06-6105-5904
大阪大学 大学院情報科学研究科
受付:AM10:00〜PM16:30
定休日:土日祝日

お問合せ